混合物 | みくあす化学館

Sponsored link

混合物

 

今回は、混合物について。

 

 

混合物というのは、その名の通り
2種類以上の物質が混ざっているものです。

 

 

例えば塩水。

 

水と塩(塩化ナトリウム)が
混ざっているものです。

 

 

他には空気。

 

酸素と窒素が混ざっています。
(他にも色々混ざってます)

 

 

 

混合物は、
化学反応を使わずに
分けることができます。

 

 

塩水なら、水を蒸発させれば
塩だけ残ります。

 

 

混ざっていても、
水、塩化ナトリウムはそのまま
塩水の中に存在しています。

 

 

 

間違えやすいのは、
化合物との違いです。

 

 

化合物は、化学反応を使わないと
分けることができません。

 

 

例えば、水は化合物ですが
電気分解をしないと
水素と酸素に分けることができません。

 

化学反応式は
2H2O→2H2+O2

 

 

一方、塩水は化学反応を使わずに
水と塩化ナトリウムに分けられます。
なので、化学反応式はいりません。

 

 

これが混合物と化合物の違いです。

サイト運営者情報


HOME 原子・電子配置 化学反応 無機化学 有機化学