電子配置 | みくあす化学館

Sponsored link

電子配置

 

今回は、電子配置について。

 

 

電子は、原子核の周りを回っています。

 

電子配置 | みくあす化学館

 

しかし、回る位置には
ある規則があります。

 

 

例えばナトリウムには電子が
11個ありますが、
そいつらが全部同じ場所を
回っているわけではないんです。

 

 

 

原子核の周りには、
K殻という軌道があります。

 

 

このK殻は、
電子が2個しか回れません。

 

それ以上は入らないんです。

 

 

K殻の周りには、
L殻があります。

 

 

L殻は電子が8個まで入れます。

 

それ以上は無理です。

 

L殻の次はM殻です。

 

M殻には18個入ります。

 

 

電子がたくさんある場合は、
このように、どんどん外側の軌道に
電子が入っていくわけです。

 

 

K殻、L殻、M殻を
まとめて電子殻と呼びます。

 

M殻の次はN殻で、
アルファベット順に名前がついています。

 

豆知識

 

なんでKから始まるのか。

 

始めてK核を見つけた人が
「もっと内側にも電子殻があるかもしれない」
と思って、A殻ではなく、
適当にK殻と名付けました。

 

もしK殻より内側に電子殻があったら
J殻と名付ける予定だったけど
結局K殻が一番内側でした。

 

 

では、実際の電子の入り方を
見てみましょう。

 

ナトリウムは電子が11個なので、
K殻に2個(満席)
L殻に8個(満席)
M殻に1個
という具合に入ります。

 

 

このような、各電子の
配分のされ方を電子配置と言います。

 

そして、1番外側の電子を
最外殻電子と言います。
そのまんまですね。

 

ナトリウムの場合、
M殻に入っている1個の電子が
最外殻電子です。

 

 

じゃあ他の例を見てみましょう。

 

硫黄は電子が16個あります。

 

 

電子配置は
K殻に2個(満席)
L殻に8個(満席)
M殻に6個

 

最外殻電子はM殻の6個です。

 

 

ちなみに電子は
内側の軌道に優先的に入ります。

 

外側は居心地が悪いんです。

 

 

それでは、今回はこれで終わります。

サイト運営者情報


HOME 原子・電子配置 化学反応 無機化学 有機化学