典型元素 | みくあす化学館

Sponsored link

典型元素

 

今回は、典型元素について。

 

 

典型元素とは、
価電子の数が周期的に変化する元素です。

 

 

価電子の数は、

 

1族が1個
2族が2個
12族が2個
13族が3個
14族が4個
15族が5個
16族が6個
17族が7個
18族が0個

 

となっています。

 

族番号の一の位の数=価電子の数
になっています。

 

このように、価電子の数が
順番に1個ずつ増えていくのが
典型元素です。

 

一方、3〜11族の元素は
価電子が順番に増えていきません。

 

3族が3個、4族が4個
という風にはなっていません。

 

このように規則的に価電子が増えない元素は
遷移元素と呼ばれています。

 

参考
遷移元素
電子配置(発展)

 

それでは、今回はこれで終わります。

 

 

サイト運営者情報


HOME 原子・電子配置 化学反応 無機化学 有機化学