化学式、分子式、組成式の違い | みくあす化学館

Sponsored link

化学式、分子式、組成式の違い

 

今回は、
化学式、分子式、組成式の違いについてです。

 

 

化学式は、含まれる元素の種類と数を表したもの。

 

分子式は、化学式の一種です。
分子からなる物質を、
さらに詳しく元素記号と数字で示したものです。

 

組成式は、
含まれている元素の種類と比を表すものです。

 

 

酢酸を例に出しましょう。

 

 

酢酸の化学式はC2H4O2
酢酸の分子式はCH3COOH
酢酸の組成式はCH2O

 

 

化学式は、含まれる元素とその数を羅列しただけです。
分子式は、酢酸の構造に従って書かれています。
組成式は、含まれる元素とその比を羅列しただけです。

 

分子式の元素をまとめると化学式になり、
化学式の数字を約分すると組成式になります。

 

 

このように有機物では
化学式、分子式、組成式が異なります。

 

 

一方、無機物だとどうでしょう。

 

水の場合は、
化学式H2O
分子式H2O
組成式H2O

 

全部同じになってしまいました。
まとめる必要の無いシンプルな分子では
化学式、分子式、組成式は全部同じです。

 

 

塩化ナトリウムは、
化学式NaCl
分子式なし
組成式NaCl

 

塩化ナトリウムは分子ではないので
分子式はありません。

 

塩化ナトリウムは、
塩素とナトリウムが無限に繋がっている
イオン結晶でなので、元素の数が分かりません。

 

なので化学式を組成式で表します。
つまり化学式と組成式は同じです。

 

 

それでは、今回はこれで終わります。

サイト運営者情報


HOME 原子・電子配置 化学反応 無機化学 有機化学