式量 | みくあす化学館

Sponsored link

式量

 

今回は、式量について。

 

 

式量は、組成式で表される物質の
相対的な重さです。
原子量と同じようなもんです。

 

 

組成式で表される物質というのは、
イオン結晶のように
原子が無限に並んでる物質です。

 

塩化ナトリウムとか
硝酸カリウムとか。

 

 

原子の時は原子量、
分子の時は分子量、
イオン結晶は式量です。

 

呼び方が違うだけで
どれも同じです。

 

 

式量は、
構成元素の原子量を足すだけで
求めることができます。

 

 

例えば塩化ナトリウムNaClの式量は…

 

Naの原子量が23
Clの原子量が35.5なので

 

23+35.5=58.5

 

塩化ナトリウムNaClの式量は
58.5ということです。

 

 

では硝酸カリウムKNO3の式量は…

 

Kの原子量が39
Nの原子量が14
Oの原子量が16なので

 

39+14+16×3=101

 

酸素は3つあるので3倍します。

 

 

簡単ですね。

 

 

それでは、今回はこれで終わります。

サイト運営者情報


HOME 原子・電子配置 化学反応 無機化学 有機化学