モルと重さの関係 | みくあす化学館

Sponsored link

モルと重さの関係

 

今回は、モルと重さの関係について。

 

 

1molの重さは、
物質によって違います。

 

 

みかん1個、りんご1個、柿1個の
重さがそれぞれ違うように、

 

水素1mol、酸素1mol、炭素1molの重さは
それぞれ違うんです。

 

 

水素分子1molは2g、
酸素分子1molは32g、
炭素1molは12gです。

 

 

 

モルから重さを求めるには、
原子量や分子量、式量を使います。

 

 

参考
原子量
分子量、式量
原子量、分子量、式量の違い
単位から式を導く方法

 

 

炭素の原子量は12g/molです。

 

 

炭素1molの重さは
1mol×12g/mol=12g

 

12gですね。

 

 

 

では水2molの重さはどのくらいでしょう。
水の分子量は18g/molです。

 

水2molの重さは、
2mol×18g/mol=36g

 

水は2molで36gです。

 

 

では逆に、
重さからモルを求めてみましょう。

 

 

窒素分子56gは
何モルでしょう。

 

 

窒素の分子量は28g/molです。
56g÷28g/mol=2mol

 

窒素は56gで2molということです。

 

 

 

それでは、今回はこれで終わります。

 

 

 

 

サイト運営者情報


HOME 原子・電子配置 化学反応 無機化学 有機化学