酸・塩基の濃度決定法 | みくあす化学館

Sponsored link

酸・塩基の濃度決定

 

今回は、酸・塩基の濃度決定について。

 

 

 

中和の関係式を使えば、
濃度が分からない酸・塩基の濃度を
求めることができます。

 

 

 

例えば、
濃度が分からない水酸化ナトリウム水溶液が10mLあります。

 

 

これを1mol/L硫酸(=濃度が分かってる)で
中和します。

 

 

ピッタシ中和したかどうかは
指示薬の色で判断します。

 

 

1mol/L硫酸を10mL入れたら
完全に中和しました。

 

 

さて水酸化ナトリウム水溶液の
濃度はいくらでしょう。

 

 

中和の関係式にブチ込みます。

 

 

硫酸は
2価、1mol/L、10mLです。

 

水酸化ナトリウムは
1価、xmol/L、10mLです。
濃度は分からないのでXとしました。

 

 

acv=a'c'v'なので

 

2価×1mol/L×10mL=1価×xmol/L×10mL

 

20=10x

 

x=2

 

つまり水酸化ナトリウム水溶液は
2mol/Lでした。

 

 

このように、濃度の分からない酸・塩基を
濃度の分かっている酸・塩基で中和すれば
計算によって濃度を求められます。

 

 

この操作を中和滴定と言います。

 

 

 

それでは、今回はここまで。

サイト運営者情報


HOME 原子・電子配置 化学反応 無機化学 有機化学