pH | みくあす化学館

Sponsored link

pH

 

今回は、pHについて。

 

 

酸や塩基の強さは
pHで表します。

 

 

「ピーエイチ」とか
「ペーハー」と読みます。

 

 

pH7が中性で、
それ以下は酸、
それ以上は塩基です。

 

 

普通の酸・塩基はpH1〜14です。
(1以下、14以上もあるけど)

 

 

pH1はかなり強い酸です。
塩酸や硫酸などの強酸ですね。

 

pH14はかなり強い塩基です。
水酸化ナトリウム水溶液など。

 

 

pH1〜6は酸
pH7は中性
pH8〜14は塩基

 

 

 

pHの詳細説明

 

 

水も実はわずかに電離します。

 

 

H2O→H++OH-

 

この時、H+とOH-の濃度は
1.0×10-7mol/Lになります。

 

 

1L中に1.0×10-7molの
H+が存在しているということです。

 

 

-7乗なので、この値をpH7とします。

 

なのでpH7は中性です。

 

 

ちなみにpHのpは「-log」という意味です。
「log(ログ)」は数学で習うと思います。

 

pHのHはH+です。

 

つまり-log[H+]がpHです。

 

-log(1.0×10-7)=7になります。

 

 

 

水はpH7(H+が1.0×10-7mol/L)で中性ですが、
酸性になるとH+が増えますよね。

 

 

H+が10倍増えれば
1.0×10-6mol/L(pH6)になります。

 

pH7の状態から
H+が1000000倍増えれば
1.0×10-1mol/L(pH1)になります。

 

 

逆に、塩基が増えるとH+は減ります。

 

OH-+H+→H2O
となって、H+がOH-に食われてしまうからです。

 

 

H+が10倍減れば(OH-が10倍増えれば)
1.0×10-8mol/L(pH8)になります。

 

pH7の状態から
H+が1000000倍減れば(OH-が1000000倍増えれば)
1.0×10-14mol/L(pH14)になります。

 

 

pHはH+の数を表してるだけです。

 

酸になるほどH+が増える。
塩基になるほどOH-が増えてH+が減る。

 

ということです。

 

 

 

それでは、今回はここまで。

サイト運営者情報


HOME 原子・電子配置 化学反応 無機化学 有機化学