塩(えん) | みくあす化学館

Sponsored link

 

今回は、塩について。

 

「しお」じゃなくて「えん」です。

 

 

中和によってできるイオン結晶を
塩と言います。

 

酸と塩基を中和すると塩と水ができます。

 

 

酸+塩基→塩+水

 

HCl+NaOH→NaCl+H2O

 

H2SO4+Ca(OH)2→CaSO4+2H2O

 

2NH4OH+H2CO3→(NH4)2CO3+2H2O

 


NH4OHはアンモニア水、
H2CO3は炭酸水です。

 

NH3+H2O→NH4OH (NH4++OH-) アンモニア水
CO2+H2O→H2CO3 (2H++CO32-) 炭酸水

 

 

塩の種類

 

 

塩には、正塩、酸性塩、塩基性塩があります。

 

 

正塩はHもOHも残っていない塩です。

 

塩化ナトリウム NaCl
硫酸カリウム K2SO4

 

などです。

 

 

 

酸性塩はHが残っている塩です。

 

「〜酸水素…」という名前が多いです。

 

硫酸水素ナトリウム NaHSO4
炭酸水素ナトリウム NaHCO3

 

どちらもHが残っています。

 

酸性塩は、2価・3価の酸が
中途半端に中和した塩です。

 

硫酸、炭酸は2価の酸(Hが2個取れる)です。

 

Hが2個とも塩基と中和すれば正塩ですが、
片方しか中和しないと酸性塩になります。

 

 

硫酸と水酸化ナトリウムの中和

 

Hが2個とも中和
H2SO4+2NaOH→Na2SO4+2H2O …正塩

 

Hが片方だけ中和
H2SO4+NaOH→NaHSO4+H2O …酸性塩

 

 

 

 

塩基性塩はOHが残っている塩です。

 

「〜水酸化…」という名前になります。
もしくは「塩基性〜…」と呼びます。

 

硝酸水酸化銅(塩基性硝酸銅) CuNO3(OH)
塩化水酸化カルシウム(塩基性塩化カルシウム)CaCl(OH)

 

どちらもOHが残っています。

 

塩基性塩は、2価・3価の塩基が
中途半端に中和した塩です。

 

水酸化銅Cu(OH)2、水酸化カルシウムCa(OH)2
2価の塩基(OHが2個取れる)です。

 

OHが2個とも塩基と中和すれば正塩ですが、
片方しか中和しないと塩基性塩になります。

 

 

硝酸と水酸化カルシウムの中和

 

OHが2個とも中和
2HNO3+Ca(OH)2→Ca(NO3)2+2H2O …正塩

 

OHが片方だけ中和
HNO3+Ca(OH)2→CaNO3(OH)+H2O …塩基性塩

 

 

まとめると、
・正塩はHもOHも残っていない塩
・酸性塩はHが残っている塩
・塩基性塩はOHが残っている塩

 

 

 

さて、これから非常に
紛らわしいことを話します。

 

 

混乱しないように注意してください。

 

 

塩には正塩、酸性塩、塩基性塩がありますが、
これらは酸性、塩基性などの液性とは関係ありません。

 

 

例えば、
炭酸ナトリウムNa2CO3
HもOHも残ってないので正塩ですが、
液性は塩基性です。

 

 

正塩にも、
中性のもの、酸性のもの、塩基性のものがあります。

 

 

次に示す塩はすべて正塩です。

 

硫酸ナトリウム Na2SO4 …中性
硝酸カリウム KNO3 …中性
塩化銅 CuCl2 …酸性
酢酸ナトリウム CH3COONa …塩基性

 

 

正塩=中性
酸性塩=酸性
塩基性塩=塩基性
ではありません!

 

関係ないので注意してください。

 

 

炭酸水素ナトリウムNaHCO3
Hが残っているので酸性塩ですが、
液性は塩基性です。

 

 

ものすごく紛らわしいので、
混乱しないようにしっかり理解しておきましょう。

 

 

もう一度言いますが、
・正塩はHもOHも残っていない塩
・酸性塩はHが残っている塩
・塩基性塩はOHが残っている塩

 

液性は関係ありません。

 

 

 

それでは、今回はここまで。

 

サイト運営者情報


HOME 原子・電子配置 化学反応 無機化学 有機化学