塩の液性 | みくあす化学館

Sponsored link

塩の液性

 

今回は、正塩の液性について。

 

 

塩の水溶液は、
必ずしも中性ではありません。

 

 

炭酸ナトリウムは塩基性だし、
硫酸アンモニウムは酸性です。

 

 

正塩の場合、
その水溶液が酸性なのか塩基性なのか中性なのか
簡単に予測することができます。

 

 

強酸と強塩基からなる塩は中性です。

 

なのでこれらは中性です。
NaCl(塩酸と水酸化ナトリウム)
CaSO4(硫酸と水酸化カルシウム)
KNO3(硝酸と水酸化カリウム)

 

 

強酸と弱塩基からなる塩は酸性です。
強いほうが勝つということです。

 

なのでこれらは酸性です。
FeCl3(塩酸と水酸化鉄)
CuSO4(硫酸と水酸化銅)
NH4NO3(硝酸とアンモニア水)

 

 

弱酸と強塩基からなる塩は塩基性です。
これも強いほうが勝つだけです。

 

なのでこれらは塩基性です。
CH3COONa(酢酸と水酸化ナトリウム)
K2CO3(炭酸と水酸化カリウム)

 

 

もとの酸と塩基が
強酸・強塩基なのか
弱酸・弱塩基なのかを
知っていれば簡単に予測できます。

 

 

それでは、今回はここまで。

サイト運営者情報


HOME 原子・電子配置 化学反応 無機化学 有機化学