フッ素とその化合物 | みくあす化学館

Sponsored link

フッ素とその化合物

 

今回は、フッ素とその化合物について。

 

 

フッ素はハロゲンの中でも
最強の酸化力、反応性を誇る
非常に危険な毒ガスです。

 

 

フッ素ガスを単離しようとして
かつて多くの優秀な科学者が亡くなりました。

 

殺人ガスとも呼ばれています。

 

 

反応性が高すぎて
空気と一瞬で反応します。

 

 

一般的な容器に使われる
ガラスや磁器とも反応してしまうので、
フッ素の単体を見るのは不可能でしょう。

 

 

フッ素単体はこのような
大変恐ろしい物質です。

 

 

ではフッ素化合物を見ていきましょう。

 

 

フッ化水素

 

フッ化水素はフッ素と水素の化合物です。

 

フッ化カルシウム(蛍石)と硫酸の反応で発生します。

 

CaF2+H2SO4→CaSO4+2HF

 

 

フッ化水素の水溶液はフッ化水素酸と言います。
弱酸ですが非常に危険な酸です。

 

 

フッ化水素酸はガラスを溶かします。
なのでガラス容器で保存できません。
ポリ容器で保存します。

 

 

ガラスにフッ化水素酸を塗って
表面を溶かしてザラザラにしたものが
くもりガラスです。

 

 

フッ化水素酸は皮膚についたらおしまいです。
皮膚にしみこんで骨を溶かします。

 

指についたらしばらくして激痛が走り、
病院で指を切断するはめになります。

 

超こえ〜!!!

 

 

弱酸だけど、塩酸や硝酸より恐ろしいです。

 

 

 

フッ化ナトリウム

 

フッ化ナトリウムはフッ素とナトリウムの塩です。

 

コイツは元のフッ素とはうってかわって
超安全な物質です。

 

フッ素とナトリウムという、
反応性の高い元素どうしの塩なので
ガッチリ化合してて、もう他の物質と反応しません。

 

フッ化ナトリウムは
歯磨き粉などに入っています。

 

 

 

それでは、今回はここまで。

サイト運営者情報


HOME 原子・電子配置 化学反応 無機化学 有機化学