亜鉛 | みくあす化学館

Sponsored link

亜鉛

 

今回は、亜鉛について。

 

 

亜鉛は、典型金属の一種で、
イオン化傾向が比較的大きいです。

 

なので、塩酸などの酸と反応して
水素を出しながら溶けます。

 

 

2HCl+Zn→ZnCl2+H2

 

 

溶けると2価の陽イオンになります。

 

 

亜鉛は両性元素なので
酸だけでなく塩基にも溶けます。

 

水酸化ナトリウム水溶液に亜鉛を入れると
水素を出しながら溶けます。

 

Zn+2NaOH+2H2O→Na2[Zn(OH)4]+H2

 

Na2[Zn(OH)4]は
ヒドロキソ亜鉛(U)酸ナトリウムという物質です。

 

なんじゃそりゃ!って思った人は
こちらを参考にしてください。

 

参考
錯イオン

 

 

亜鉛はイオン化傾向が大きいので
電池に利用できます。

 

電池は、イオン化傾向の大きい金属が負極、
イオン化傾向の小さい金属が正極になります。

 

 

参考
電池

 

なので亜鉛は負極です。

 

実際に、マンガン電池やアルカリ電池の負極には
亜鉛が使われています。

 

 

亜鉛と銅の合金は黄銅(しんちゅう)と
呼ばれる金色の金属です。

 

これは五円玉などに使われています。

 

 

それでは、今回はここまで。

サイト運営者情報


HOME 原子・電子配置 化学反応 無機化学 有機化学