アルミニウム | みくあす化学館

Sponsored link

アルミニウム

 

今回はアルミニウムについて。

 

 

アルミニウムは、
アルミホイルやアルミ缶でおなじみの金属ですね。

 

 

13属元素で、3価の陽イオンになります。

 

イオン化傾向は比較的大きいほうなので
酸によく溶けて水素を発生し、イオンになります。

 

2HCl+6Al→2AlCl3+3H2

 

 

しかし、硝酸には溶けません(不動態)。
アルミニウムを硝酸に入れると
表面が酸化膜で覆われてしまい
反応が進まなくなってしまうんです。

 

 

アルミニウムは両性元素で、
酸にも塩基にも溶けます。

 

 

水酸化ナトリウム水溶液に溶けて
水素を出しながらヒドロキソアルミン酸ナトリウムになります。

 

2Al+2NaOH+6H2O→2Na[Al(OH)4]+H2

 

 

参考
錯イオン

 

 

アルミニウムの粉末は着火すると
激しく燃えて酸化アルミニウムになります。

 

酸化鉄と一緒に燃やすと
アルミニウムが酸化鉄から酸素を奪い
ものすごく激しく燃焼します(テルミット反応)。
超キケンな反応です。

 

 

アルミニウムが還元剤として働き、
酸化鉄が還元されて鉄の単体が得られます。

 

2Al+Fe2O3→2Fe+Al2O3

 

 

それでは、今回はここまで。

サイト運営者情報


HOME 原子・電子配置 化学反応 無機化学 有機化学