スズ | みくあす化学館

Sponsored link

スズとその化合物

 

今回は、スズとその化合物について。

 

 

スズは14属の金属です。

 

 

 

スズと銅の合金は青銅と呼ばれ、
弥生時代には銅鏡や銅鐸によく使われました。

 

 

スズめっきした鋼板はブリキと呼ばれ、
昭和時代にはおもちゃや缶詰によく使われました。

 

 

加工しやすい金属なので
よく使われていましたが
最近はアルミニウムに立場を奪われてる感じが…

 

 

融点が232℃と、金属にしては低いので
ハンダに使われます。

 

ハンダといえば鉛ですが、鉛は毒性があるので
最近は、鉛フリーハンダとしてスズが使われています。
鉛とスズが混ざっているハンダもあります。

 

 

スズの化合物として有用なものに、
塩化スズ(U)があります。

 

 

塩化スズ(U)はスズが2価の陽イオンになっていて、
強力な還元作用があります。

 

 

高校化学でスズはあんまり出てこないけど
塩化スズ(U)が還元剤ってことぐらいは
覚えておきましょう。

 

 

 

それでは、今回はここまで。

サイト運営者情報


HOME 原子・電子配置 化学反応 無機化学 有機化学