高分子と重合 | みくあす化学館

Sponsored link

高分子と重合

 

今回は高分子と重合について。

 

 

付加重合

 

エチレンは自分自身と付加反応を起こします。

 

高分子と重合 | みくあす化学館

 

実際は2つ繋がるだけではなく、
たくさんのエチレンが連結して
ものすごく長い分子になります。

 

この反応を式で書くと…

 

高分子と重合 | みくあす化学館

 

[ ]の中の構造が無限に繋がっていることを示しています。
nはたくさん(n個)ってことです。

 

 

このようにエチレンは
自分自身といくつも連結して
分子量の大きい分子(高分子)になります。

 

高分子は名前の最初に「ポリ」をつけます。

 

同じように、アセチレン
たくさん連結して高分子になります。

 

高分子と重合 | みくあす化学館

 

 

高分子になる前の
エチレンやアセチレンを単量体(モノマー)といいます。

 

高分子になった後の
ポリエチレンやポリアセチレンは
重合体(ポリマー)と言います。

 

 

「高分子」は単に
「分子量の大きい分子」のことを言います。

 

 

単量体がたくさんくっついて
重合体になる反応を重合と言います。

 

 

エチレンやアセチレンは
付加反応で重合するので付加重合と言います。

 

高分子と重合 | みくあす化学館

 

塩化ビニルという物質も付加重合を起こして
ポリ塩化ビニルになります。
コイツはビニール袋に使われている物質です。

 

 

縮合重合

 

付加重合の他には縮合重合があります。

 

縮合とは、水がもげて
2つ以上の分子が結合する反応です。

 

参考
縮合反応

 

たくさんのカルボン酸とアルコールが重合すると
エステルの重合体であるポリエステルができます。

 

高分子と重合 | みくあす化学館

 

重合体になる時、水分子が取れます(縮合反応)。
これが縮合重合です。

 

付加重合と縮合重合の違いは、
水が取れるかどうかです。

 

PETはペットボトルに使われる高分子です。

 

参考
アルコール
カルボン酸
エステル
テレフタル酸

 

 

 

たくさんのアミンカルボン酸
縮合重合するとアミドの重合体であるポリアミドができます。

 

高分子と重合 | みくあす化学館

 

 

ナイロンはアミンとカルボン酸の縮合重合で作られるポリアミドで、
合成繊維や合成樹脂に使われている身近な物質です。
(ナイロンは商品名)

 

 

僕らの体を作っているタンパク質も
アミノ酸がたくさん重合したポリアミドの一種です。

 

 

ポリアミドのうち、アミノ酸からなるものは
ペプチドという特別な名前があります。

 

ペプチドのアミド結合はペプチド結合といいます。
アミド結合もペプチド結合も同じですが、
ペプチド(タンパク質)の時だけペプチド結合と呼ぶのです。

 

 

 

 

それでは、今回はここまで。

サイト運営者情報


HOME 原子・電子配置 化学反応 無機化学 有機化学