銀鏡反応 | みくあす化学館

Sponsored link

銀鏡反応

 

今回は、銀鏡反応について。

 

 

試験管の壁に銀が張り付いて
鏡のようになるキレイな反応です。

 

 

まず、硝酸銀水溶液に
アンモニア水を加えていきます。

 

 

硝酸銀水溶液は塩基性にすると
褐色の酸化銀が沈殿します。

 

 

しかし、酸化銀はアンモニア水に溶けます。
(ジアンミン銀イオン)

 

参考
銀の化合物
錯イオン

 

 

一度沈殿が生じて、
その沈殿が溶けてなくなるまで
アンモニア水を加えます。

 

透明な溶液ができました。
これをアンモニア性硝酸銀水溶液と呼びます。

 

 

アンモニア性硝酸銀水溶液に
アルデヒドを加えて加熱すると
銀イオンが還元されて銀が析出します。

 

R-CHO+2[Ag(NH3)2]++2OH-→R-COONH4+NH3+H2O+2Ag

 

この銀が試験管の壁に張り付きます。
それが鏡のように見えるので
銀鏡反応と呼ばれています。

 

 

アルデヒドは酸化されてカルボン酸になります。
カルボン酸は酸なのでアンモニアと中和して
塩(R-COONH4)になります。

 

 

アルデヒド以外には、
単糖のグルコース(ブドウ糖)も銀鏡反応を示します。

 

グルコースは水溶液中では一部が
環がちぎれて鎖状になります。

 

銀鏡反応 | みくあす化学館

 

鎖状になったグルコースは
アルデヒド基を持つので銀鏡反応を起こします。

 

 

グルコース(ブドウ糖)は銀鏡反応に陽性ですが、
スクロース(砂糖)は陰性(反応しない)です。

 

スクロースは、アルデヒド基になれる部分が
塞がっている(グリコキシド結合)からです。

 

銀鏡反応 | みくあす化学館

 

スクロース以外の二糖は銀鏡反応に陽性です。
スクロースだけ例外なんです。

 

例えば、みずあめに含まれる二糖のマルトースは
アルデヒドになれるので還元性です。

 

銀鏡反応 | みくあす化学館

 

それでは、今回はここまで。

サイト運営者情報


HOME 原子・電子配置 化学反応 無機化学 有機化学