芳香族カルボン酸 | みくあす化学館

Sponsored link

芳香族カルボン酸

 

今回は、芳香族カルボン酸について。

 

 

ベンゼン環にカルボキシル基COOHがついた芳香族カルボン酸は
酸性を示し、塩基と反応して塩になります。

 

 

芳香族カルボン酸は水に溶けにくいものが多いけど
塩になると水によく溶けます。

 

 

それでは、芳香族カルボン酸の例を
見ていきましょう。

 

 

安息香酸

 

芳香族カルボン酸 | みくあす化学館

 

ベンゼン環にカルボキシル基が1個ついた物質は
安息香酸と呼ばれています。

 

安息香という樹皮からとれた物質です。

 

トルエンを酸化すると
安息香酸が得られます。

 

芳香族カルボン酸 | みくあす化学館

 

また、カルボン酸なので
アルデヒドの酸化でも得られます。

 

芳香族カルボン酸 | みくあす化学館

 

 

フタル酸

 

芳香族カルボン酸 | みくあす化学館

 

フタル酸は、ベンゼン環にCOOHが2個ついています。

 

o-キシレンを酸化させるとフタル酸に、
m-キシレンを酸化させるとイソフタル酸に、
p-キシレンを酸化させるとテレフタル酸になります。

 

芳香族カルボン酸 | みくあす化学館

 

フタル酸は、COOHが近いので
分子内で脱水して酸無水物になります。

 

加熱するだけで無水フタル酸になります。

 

芳香族カルボン酸 | みくあす化学館

 

テレフタル酸はペットボトルの原料です。

 

テレフタル酸とエチレングリコールを反応させると
縮合重合してポリエチレンテレフタラート(通称PET)になります。

 

芳香族カルボン酸 | みくあす化学館

 

 

 

サリチル酸

 

芳香族カルボン酸 | みくあす化学館

 

サリチル酸はベンゼン環に
COOHとOHを両方持つ物質です。

 

カルボン酸とフェノールの両方の
性質を持っているので、
面白い性質がたくさんあります。

 

詳しくはこちら↓
サリチル酸

 

 

それでは、今回はここまで。

 

サイト運営者情報


HOME 原子・電子配置 化学反応 無機化学 有機化学