芳香族ニトロ化合物

Sponsored link

芳香族ニトロ化合物

 

今回は芳香族ニトロ化合物について。

 

 

ニトロ基NO2を持った芳香族です。
ニトロ基がたくさんついているほど
爆発しやすくなります。

 

芳香族ニトロ化合物

 

ベンゼンを混酸(濃硝酸+濃硫酸)でニトロ化すると
ニトロベンゼンができます。

 

芳香族ニトロ化合物

 

参考
ベンゼンの反応

 

 

ニトロベンゼンは、黄色の液体で、
杏仁豆腐のような甘ったるいにおいがします。
ニトロ化合物だけど爆発しません。

 

 

ニトロベンゼンをスズと塩酸で
還元するとアニリン塩酸塩になります。

 

芳香族ニトロ化合物

 

参考
アニリン

 

 

トルエンをニトロ化すると
三箇所にNO2がついて
2,4,6-トリニトロトルエンになります。

 

芳香族ニトロ化合物

 

ニトロ基が3つもついていて、
非常に爆発しやすい物質です。

 

2,4,6-トリニトロトルエンは略してTNTと呼ばれ
爆薬として有名です。

 

 

 

フェノールをニトロ化すると
2,4,6-トリニトロフェノールになります。
別名ピクリン酸と呼ばれる爆発物です。

 

芳香族ニトロ化合物

 

 

 

それでは、今回はここまで。

サイト運営者情報


HOME 原子・電子配置 化学反応 無機化学 有機化学