アセトアルデヒド | みくあす化学館

Sponsored link

アセトアルデヒド

 

今回は、アセトアルデヒドについて。

 

アセトアルデヒド | みくあす化学館

 

アセトアルデヒドは、
無色の液体もしくは気体です。

 

沸点がなんと21℃。
常温すぎる!

 

冷やすと液体になるけど
ほっとくとすぐに蒸発してしまいます。

 

 

アセトアルデヒドは
エタノールを酸化するとできます。

 

アセトアルデヒド | みくあす化学館

 

エタノールを硫酸酸性二クロム酸カリウム水溶液と混ぜて
加熱すると酸化が起きてアセトアルデヒドが発生します。

 

 

 

アセトアルデヒドは冷やしても
すぐ蒸発してしまうので、
アセトアルデヒド水溶液として回収します。

 

 

工業的にはエチレンの酸化で作ります。

 

アセトアルデヒド | みくあす化学館

 

 

アセトアルデヒドは、還元性があり、
銀鏡反応とフェーリング反応に陽性です。

 

 

また、ホルムアルデヒドと違って
ヨードホルム反応にも陽性です。

 

 

参考
銀鏡反応
フェーリング反応
ヨードホルム反応

 

還元剤なので、自分は酸化されます。
酸化されると酢酸になります。

 

アセトアルデヒド | みくあす化学館

 

それでは、今回はここまで。

サイト運営者情報


HOME 原子・電子配置 化学反応 無機化学 有機化学