ギ酸 | みくあす化学館

Sponsored link

ギ酸

 

今回は、ギ酸について。

 

 

ギ酸は漢字で書くと蟻酸。
(アリさんじゃないよ)

 

アリが持っている毒の成分です。
ギ酸には毒性があります。

 

ギ酸は水によく溶ける刺激臭のする液体で、
還元性があります。

 

ギ酸 | みくあす化学館

 

ギ酸は一番簡単なカルボン酸です。
カルボン酸なのでカルボキシル基を持っています。

 

ギ酸 | みくあす化学館

 

ただ、ギ酸はアルデヒド基も持っています。
アルデヒド基があるので還元性を示します。
(他のカルボン酸にはアルデヒド基は無い。)

 

 

ギ酸は酸なので塩基と中和すると塩ができます。

 

HCOOH+NaOH→HCOONa+H2O

 

 

ギ酸はホルムアルデヒドの酸化で生成します。

 

ギ酸 | みくあす化学館

 

 

工業的には、一酸化炭素と水酸化ナトリウムから
ギ酸ナトリウムを作ります。

 

CO+NaOH→HCOONa

 

カルボン酸塩は弱酸の塩なので
強酸を加えるとカルボン酸が遊離します。

 

2NaCOOH+H2SO4→2HCOOH+Na2SO4+H2O

 

参考
弱酸遊離反応

 

 

それでは、今回はここまで。

 

 

 

サイト運営者情報


HOME 原子・電子配置 化学反応 無機化学 有機化学